30代から始めて一生続ける筋トレ

筋トレを中心として心身の健康や栄養など幅広い知識を発信するブログ

「水曜どうでしょう」というTV番組

お盆休みでしばらくジムは休館。今日は自宅のNetflixで久々に「水曜どうでしょう」を見て昔を思い出していました。このTV番組は北海道のローカルのバラエティ番組で、地元では有名な番組でしたが、今ではすっかり日本全国で名の知れた番組になっています。ハルイチが最初に「水曜どうでしょう」について知ったのは8年前。この頃、前の職場の上司からパワハラ紛いの扱いを受けており、人間関係で酷く悩んでた時期でした。まだ筋トレと出会う前のことで、ストレス発散の手段がなく鬱々とした生活を送っていたのを覚えています。そんな時、友人からこの番組のことを教えてもらい、ダビングしたDVDまで貸してくれました。

最初に見たのは「激突!西表島編」で、それから見事にドハマりましました。あんなに鬱々としていたのに大笑いしてTVに釘付けになり、当時発売されていたDVDも自分で入手して、毎日毎日「水曜どうでしょう」ばかり見ていました。北海道のローカル番組でオーストラリアを縦断したり、アメリカ大陸を横断したり、欧州の国を全部回るなんて無謀な企画に挑んだり、かと思えば地元で夏野菜を育てて料理したり、当時としては(というか今でも)奇抜な内容だったと思います。不思議なもので”笑う”というだけで気分的にとても楽になり、「笑っていればなんとかなるか」なんて考えて仕事に対しても多少意欲を取り戻すこともできました。結局その職場は数年で退職しましたが、何だかんだ色々勉強にはなったので、今では感謝しています。

f:id:mrharuichi:20200814185820j:plain

2013年に北海道で参加した「水曜どうでしょう祭

水曜どうでしょう」を知って以来ハルイチにとって大泉洋さんはヒーローに等しい存在です。仕草や喋り方など相当影響を受けており、嫁ちゃんや友人からも「大泉洋そっくり」と言われることがたまにあります。大泉さんのキャラクターをマネすると、何故か他者と話しやすいと感じるので、参考にさせてもらっていることが多いのです。大泉さんは今では映画にドラマにCMにと全国区で活躍する売れっ子ですが、当時から親しみやすいキャラクターはあまり変わらない印象です。芸能界がどういう業界かよくわかりませんが、全国レベルまで有名になったのにあの愛されるキャラクターのままブレないのはすごいことだと思います。

当時のことを思い出すと以前の職場の苦い記憶が蘇ってちょっと辛いですが、それ以上に「水曜どうでしょう」と出会って毎日大いに笑った思い出もある感慨深い番組です。 最近ストレスで笑ってないな、と感じている方にはぜひ見てもらいたい番組です。ものすごく笑顔になれます。DVDもありますが、Netflixでもほとんどの内容を視聴することが可能です。

大泉エッセイ  ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

大泉エッセイ ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者:大泉洋
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 単行本
今ではすっかり有名人