HARUBLO

30代からのボディメイクや健康についての幅広い知識を発信するブログ

コロナより深刻かもしれない自殺問題


スポンサーリンク

f:id:mrharuichi:20210121114537j:plain
Photo by Joshua Earle on Unsplash

 

コロナ禍で自殺者数の増加が加速している

 以下の記事で、10月の全国自殺者数は2153人、前年同期に比べ39.9%増加したことが警察庁の調べ(速報値)で分かりました。

10月に入ってからの自殺者数は飛び抜けて高く、特に女性の数が多い。若年世代の自殺者も増加傾向にあります。

 

コロナによって増加する自殺者数

f:id:mrharuichi:20201126180502p:plain

自殺者数|警察庁Webサイト

上の図は令和2年の自殺者数の推移をグラフ化したものです。コロナの問題が表面化し始めた7月頃から増加を始め、10月には一気に2,000人を超えてます。

元々多かった自殺問題にコロナ禍が拍車をかけているのは明白。コロナによる健康被害も深刻な問題ではあるんですけど、陰に潜む自殺者数の増加も無視できない規模になってます。

 

先行きの見えない現状にコロナが追い打ち

f:id:mrharuichi:20201126070947p:plain

厚労省HPより一部抜粋

上のグラフは先進国12カ国の自殺死亡率を比較したもの。日本は韓国に次いで3番目に位置しており、コロナのことは別にしても元々日本の自殺者数は多いのです。

日本より経済的に困窮した国はあるのに、諸外国と比較して日本の自殺率は高い。最近の自殺者数の増加はコロナによる経済的な問題だけが原因なのでしょうか?

一部に日本はメンタルヘルスの問題に対処できていない、という意見がありますけど、個人的に同じ印象を持ってます。

家と職場を往復する生活、定年過ぎたら老後の心配、停滞する経済問題、考えるほどネガティブな問題ばかり出てきて、生きることに閉塞感を覚えるのもしょうがないかもしれません。

更にコロナで現状維持すら厳しくなってきたなら、追い詰められてしまうのも当然でしょう。

 

生き方を見直す時期

コロナの猛威は収まるどころか更に拡大し、感染対策もジリ貧になってきている。このままだと状況は悪化するばかりで、更に自殺者が増えるような事態になりかねません。

正直、ハルイチの置かれている環境も厳しいです。医療職なんですけど、ただでさえ経営難に喘いでいるのに、職場でコロナが発生したら病院は閉鎖せざるを得ないくらい追い詰められることになります。

「こうすれば良い」という正解はなく、国の施策任せだけで状況を好転させるのは難しいでしょう。個人個人で生き方を見直し、経済水準に合わせた生活スタイルに変化させることが必要だと思われます。

どのような状況下でも、忍耐を持って耐え、希望を持って人生を生き抜いて欲しいです。

 

 References

www.npa.go.jp

www.nippon.com